2011年03月

2011年03月01日

LZB SHIRT (OMBRE CHECK & STRIPE CHAMBRAY)

OS1

『1月は行く、2月は逃げる、3月は去る』なんて、死んだおじいちゃんが昔言うてた記憶がありますが、今年も早いものであっという間にもう3月。
まだまだ寒い日もあると思いますが、気分はもちろん春に向かってます。
春のアイテムといえば、一番初めに浮かぶのがやっぱり「シャツ」だと思いますが、先週末に当店のオリジナルブランド『LZB』から2011年SPRING/SUMMERの第一弾となるシャツが2型入荷してきました。
既に土日で店頭でも大人気だったの、ご紹介したいと思います。

まず、一つ目がこの「OMBRE CHECK SHIRT」です。
落ち着いたオンブレチェックがボトムを選ばずに併せられる『大人の不良』を感じさすシャツです。
西海岸テイスト漂うデザインのこのオンブレのチェックは、様々な色や柄がありますが、今回は今からの季節を意識して、2色ともホワイトをベースにしている生地をチョイスしてます。




OS2

ポケットのフラップ部分には、同系色で『LZB』の刺繍が入ります。





OS3

裾には、『LZB』のオリジナルワッペンが付きます。





DSC05604

着たらこんな感じです(BURGUNDY)。
シンプルなTシャツの上から、サラッとボタンを開けて羽織って着るのも良いです。
冬場は暗めの色になりがちですが、春はやっぱり、気持ち明るめのチェックの物を着たいです。
落ち着いた色で、派手過ぎず着まわしも利きますよ。





DSC05625

もちろん、このシャツはボタンを閉めて着るのも良い感じです(BLACK)。
今では少ないオープンカラーに2つのフラップポケット付きで、極めつけはボックスシルエットの50'S仕上げで作ってるので、『古き良きアメリカ』の匂いを醸し出してます。
丈も通常のシャツより、少し短めに仕上げており、柔らかい素材感が着やすく今からの時期にはおススメです。





SS1

続いて、二つ目がこの「STRIPE CHAMBRAY SHIRT」です。
今からの時期に大活躍間違いなしの「鉄板アイテム」のシャツを珍しいシャンブレー素材のストライプ生地を使用して作りました。
通常ボテッと「イナタく」なりがちなワークシャツですが、シルエットは「シュッと」今風にアップデートしたタフで丈夫な作りになってます。
個人的に、秋は落ち着いたチェックネルシャツ、春は爽やかなストライプシャツみたいなイメージがありますね。





SS2

アシンメトリーで付けた胸ポケットも拘りの一つで、左のポケットには『LZB』の刺繍が入ります(O/WHITEにはカリフォルニアブルーで)。





SS3

L.NAVYには、パッションレッドで『LZB』の刺繍が入ります。
また通常胸ポケットは上から取り出すのが普通ですが、このポケットは横から取り出すタイプとなってます。
タバコとかライター入れとくと、サッと取り出して吸えますよ。





DSC05770

裾にはマチが付いたワーク仕様で作られ、





k

ボタンは、ネコ目を用いたディティールはビンテージ感を取り入れてます。





DSC05513

着たらこんな感じです(L.NAVY)。
画像ではやや分かりにくいかも知れませんが、よくある淡いブルーの物よりもやや深みのあるシャンブレー素材にストライプが入ったこの生地は、ありそうであまり無い春にピッタリのアイテムです。
インナーは白でも良いですが、あえて中に明るめのTシャツ着ても色栄えして良い感じですね。





DSC05648

色違いがこんな感じです(O/WHITE)。
僕はシャツ着る時に、基本的に「ボタン閉めない派」なんで、春っぽく袖を捲って着たい気分。
少し前から続くシャツの人気は、この春夏も引き続いていくと思います。
うちのお店で作っているオリジナルブランド『LZB』は、ただの流行の追っかけで一過性の物を作るのではなく、流行り廃れなく長く着続けられる「シンプルだが他に在りそうであまり無い物」というのを意識して作ってます。
基本的に、『シンプル』に作れば作るほど、その物自体の本質や良し悪しが見えると思います。
今回ご紹介した2型のどちらのシャツも、縫製と加工には拘りを持った『MADE IN JAPAN』での仕上がりとなっておりますので、是非袖を通して体感もらいたいです。
おススメのシャツですので、よかったらチェックしてみてくださいね。

lay_z_boy at 01:33|この記事のURLComments(0)CLOTHING | LZB