2008年03月04日

BUYING TRIP TO L.A(NO2)

la18

前回の続きです。。。

la16

前回のブログでは、メルローズ近郊のストリートのお店を紹介しましたが、L.Aに来たら自分のお店とはテイストの違うお店も色々見て回ったりします。
たとえば、このセレブ御用達のセレクトショップ『Fred Segal』。
日本のファッション誌にもよく登場するそうなのでご存知の方も多いと思いますが、抜群のセンスで選ばれた服や小物など扱うセレクトショップで、感度の高い日本から来るお店のバイヤーさんは、L.Aに来たら必ず立ち寄ると言われています。
隣に併設されている「Mauro's Cafe」も大人気で、映画スターたちが普通に買い物して、普通にお茶している姿にかなりの確立で出会えるお店です(僕が食うてる時は出合わなかったが)。





la10

で、メルローズを歩いていると見覚えのある顔が。。。





la11

なんと、当店と共に展開する共同企画ブランド「ANYHOW」の相方のお店『SCENIC』のオーナーで、人気ブランド「TRANSACTION」の社長がいました!
彼とは「トランスアクション」が出来る前(アボリジニーの時代)からの付き合いなので、もうかれこれ10年近くの付き合いですが、まさかL.Aで合うとは思わなかったです。
ちなみ、彼はL.Aでは「TOM」と呼ばれてました。





la9

ここは「TOM」に教えてもらって行ったお店の『JOY RICH』です。
まだ去年の12月にL.Aに出来たとこのお店ですが、レセプションパーティーには現地の有名人やお洒落っ子達が数百人も訪れて一気に噂が拡がったという、今メルローズで一番注目されているお店です。





la12

商品構成はメンズとレディースをミックスした洒落たユニセックスのお店でした。
取り扱いのブランドも幅広く、趣向を凝らした店内外のディスプレイや売り場作りはなかなか一見の価値ありでした。





la13

うちの「ANYHOW」ともよくコラボレートしている「TRANSACTION」も取り扱っていました。
自分の店や、似たスタイルのお店ばかりでなく、違うジャンル(セレクト)のお店を色々見て回るのも新たな刺激があって面白いです。





la14

レジの近くにこの店の人気のオリジナルの小物が沢山揃ってました。
感度の高い早い人達は、この辺のアイテムを面白がってました。





la20

今回ゲットしたのが、この店で今一番人気のオリジナルのサングラスです。
ショップバックも洒落てましたが、他にもお店のスタッフからこの店(ブランド)のルックブックと「HYSTERIC GLAMOUR」とのWネームのバッグ(共に非売品)をもらいました。
この日は、他にも色々と高感度のお店を色々見て回りました(写真は無い)。
次の日からは、新しい仕入れのところを含めて色々と買い付けをしました。
今回の感想は、本当に良い商品が集まったので届くのがとても楽しみな感じです。

余談ですが、アメリカに行ってる間の最後の方に、僕のアメリカのパートナーの社長とそこの会社の最高幹部の人と「TRANSACTION」の社長(TOM)でコリアンタウンの焼肉屋で食事をしました。
そこは現地でもおいしくて有名なところで、場所はコリアンタウンのど真ん中ですが、韓国の人以外にもアメリカ人やメキシコ人など色々な人種が来ていました。
なんて書いてあるのかよく判らんけど、壁に落書きがいっぱいあって、ハングル文字は当たり前ですが、英語やスペイン語でも沢山書かれてました。
それを見ると、本当にアメリカは人種のるつぼだなと改めて感じさせられました。





la18

日本語で書かれてるのもあったんやけど、これはどういう意味なんかな???

lay_z_boy at 19:13│Comments(0)COLUMN | IMPORT

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔