2011年02月18日

XLARGE SALESMAN

XLARGE

「そろそろ今日も営業終わりだな」と思ってたら、「どうも!へへっ」と満面の笑みで入ってくる人がいて誰かなと思ったら、『XLARGE』の日本総代理店であるビーズさんのセレクトショップの卸し部門の営業で、うちの担当の高橋君でした(いきなりの来店でビックリした)。
彼は、うちの店の担当になって一年くらいですが、とても親身に色々と対応してくれていて、気さくで素直な性格が僕は好きです。
なにやら、弾丸関西ツアーで、今日は大阪と兵庫と京都の卸し先を回って、明日は滋賀の取り扱いのお店に行くようです。
今回は、『XLARGE』の取り扱いディーラーの最近のお店の状況を聞きながら、今後のブランドの方向性やコラボなどを含めた展開予定を伝えつつ、街の様子をリサーチしながら行脚してるみたいです。
またそれに併せて、この顔の前に持っている正規取り扱い店のみに設置される正規ディーラーの証である『100個限定で作られたロゴオブジェ(非売品)』を全国の『XLAERGE』の取り扱い先に配って歩いているそうです(ありがとう)。
基本的に、展示会(カタログ)でオーダーして仕入れをして、商品がお店に届くというのが服屋さんの一連の流れで、あとは通常ブランドの営業の人とは、用事がある時に電話やメールでの付き合いが主となります。
しかし、ここで差が付くのが、小売店に売った後こそ「うちのブランドは売れてるから(忙しいから)」とめんどくさがらず、全国の取り扱い先のお店と密にコンタクトを取り、常にお店の状況を把握しながらよく考えて、販促的なポスターやステッカーなどをキチンと配ったりする『マメ』な事を出来る営業の人に対しては、『ブランド』を取り扱っているお店(少なくても僕は)はとても嬉しく良い風に感じます。
もちろん、偉そうに書きましたが、これは営業の人だけに限らず、お店側から商品を買っていただくお客様に対しての対応や接し方にも全て同じ事が言えますけどね。

高橋君、タイトなスケジュールの中、今日はわざわざありがとう!
これからも色々と世話になると思うけどヨロシクな!!


lay_z_boy at 23:58│Comments(0)X-LARGE 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔