2011年11月29日

FUCT MILITARY ITEM VOL.1 (CPO & PEA COAT)

FUCT

11月も終わりに近づき、寒さも増してきてますが、このくらいの時期から活躍するアイテムと言えばWOOLが入った暖かいアイテムでしょう。
それでは、今からの季節にお勧めの『FUCT』のHOTなアイテム達をご紹介したいと思います。
まずは、このCPOシャツです。
CPOとはアメリカ海軍下士官(Chief Petty Officer)の略で、第二次世界大戦中に彼らが艦上で着ていた作業服をルーツとしたアウターシャツを基にしてできたのが、このCPOシャツです。





FUCT

チンストラップと碇のデザインが入ったオリジナルカスタムボタンが、ヴィンテージテイストを出した「西海岸アメカジスタイル」にピッタリな大人の一枚に仕上がってます。





FUCT

基本的にシンプルな作りですが、左袖のライトニングボルトの刺繍がアクセントとして良い感じ入ってます。





FUCT

着たらこんな感じです(OLIVEのL-SIZEです)。
本来、CPOシャツはタックインして着たようですが、街着としては昔から裾出しして着るのが一般的で、アウター的なシャツとして使えます。
勿論、ジャケットのインナーに使っても暖かくてお勧めですが、中にパーカーなんかを着て、こんな感じでシャツジャケットとしても着れるので、シンプルで着まわしも抜群でとってもお勧めアイテムです。





FUCT

そして、WOOLで外せない冬の大定番アイテムと言えば、やはりこのPコートでしょう。
このPコートは、もともとイギリス海軍の軍服だったというルーツがあるので、基本的にボタンに錨マークが入っているのが多く、その名残といえるでしょう。





FUCT

こちらも碇のマークが入った『FUCT』のオリジナルボタンが使われています。
Pコートはダブル前(ダブルブレスト)のコートですが、左右どちらを前にしてもボタンを留めることができるのが大きな特徴です。
それは、そもそも艦橋や甲板などの厳しい気象条件で使用する物だった為、どこから風が吹いても風がコートの中に入り込まないための配慮で、風向により左右どちらでも上前を変えることが可能となっています。
また、片方のボタンが破損してももう片方で止められるという冗長性確保の意味もあります。





FUCT

そして、この『FUCT』のPコートは、表地には保温性に優れた厚手のメルトン素材を使用し、裏地にはバンダナ柄の生地を使っているのが、他とは一線を画すところでしょう。
内側がチラッと見えた時のカッコ良さは、本当にイケてますよ。





FUCT

着たらこんな感じです(M-SIZE)。
Pコートは、風の進入を防いで保温性を高める為に、基本的にやや長めの丈ですが、この『FUCT』のPコートは、タウンユースを主として作られているので、動きやすさとファッション性を考量して、やや短めの絶妙な丈にモディファイして作られてます。
また、着た時のシルエットもシュッとしてて抜群です。
先ほどのCPOシャツもこのPコートも既にサイズ掛けしてきてますので、狙ってた方はお早めにどうぞ!

lay_z_boy at 23:54│Comments(0)CLOTHING | FUCT

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔