STYLE

2010年02月05日

FLJ

flj

既に当店からお持ち帰りいただいている方もいらっしゃいますので、ご存知の方もおられると思いますが、今回リリースの号からこの『FLJ』を当店にて取り扱いを始めました。
先日、当店の取り扱いブランドである『FUCT』の展示会に行った時、『FUCT』の日本総代理店のBOSSのMEIさんと色々な話をし、その際、今年からプレスのディレクテリングをFLJの大野さんにしてもらうという事を聞き、紹介していただきました。
本屋さんやコンビニに行けば、様々なファンション関係の雑誌が発刊されてますが、インターネットが普及している現在は昔に比べて無料で情報が拾いやすい分、有料の雑誌は、以前の内容よりも今まで以上に中身が重要視されるようになってきています。
勿論、元WARP編集長の大野さんが作るこの『FLJ』は「TAKE FREE」ですが、その辺の雑誌に負けないかなりのハイクォリティーな内容で仕上がっていて本当におススメですので、是非ご一読ください。


※FLJ
Fine、WARP全盛期の編集長、大野俊也が手がけるフリーマガジン。
その名前は……FLJ(エフエルジェイ)
FILTH, LIBERTINE & JUSTICE(フィルス リバティーン アンド ジャスティス)の略です。
大野とダニーボーイ、ティム・アームストロング(ランシド)の3人で名前を考えました。
内容は、ファッション+音楽+アート+スケート+ライフスタイル。
目線はストリート。だけどワールドワイドです。
価格はFREE。
テキストは、日本語+英語のバイリンガル。海外でも配本します。
雑誌のアートディレクターにはADAPTER/ANSWRの針谷建二郎氏を迎えました。
編集制作スタッフには、アーティストが直接参加。創刊号からのレギュラーには、ティム・アームストロング、ZEEBRA、難波章浩、DJ BAKU他を迎えている。
2008年7月30日創刊。

発行形態 体裁:100ページ前後 A4 平綴じ オフセット
     発行:年6回 隔月刊 30日(奇数月:1、3、5、7、9、11月)





f

全国のセレクトショップを中心に置かれてますので、お近くの設置店でお持ち帰りください。

『FLJ』のショップリストはこちらから

P.S.
MEIさん、今回はありがとうございました。
大野さん、これからも宜しくお願い致します。






難波章浩 -AKIHIRO NAMBA-『JUMP!JUMP!!JUMP!!!』

lay_z_boy at 20:01|この記事のURLComments(0)

2008年06月28日

Slow & Sexy

DSC01403

毎年この時季に発売されるので、いつも楽しみにしているCDの『HIDE&SEEK』presentsの"Slow & Sexy"(ASIAN-STAR)が今日出ました。
このブログを書き出しのが2005年の7月なんで、早いものでもうすぐ4年目ですが、始めの年から、毎年このCD買ってはブログに書いてるような気がします。





c

これが今日、リアクターにて買ったシリーズ4作品目のMIX CDです。
定番の『HIDE SEEK』のライターが付いて1575円です。
今回も聞きやすい良い感じの曲が盛り沢山でした。
毎回、即完売の大人気シリーズですので、よかったらどうぞ!

お問い合わせ REACTOR....TEL075-213-0734

lay_z_boy at 19:55|この記事のURLComments(0)

2008年04月18日

MEN'S STREET

mst1

4月も中旬を過ぎ、お店にも新しく京都に住みだした新入生や新社会人のお客さんがチラホラ来てくれだしてます。
京都は学生の街と言われるくらい大学生が多いですが、3月で卒業して地元に帰る学生の人たちが沢山いて寂しくなる反面、新たな出会いが多く嬉しいのもこの時期ならではでしょう。
今はインターネットが普及して、お店を調べてきてくれる方も多いですが、やはり雑誌を見ての来店も同じくらい多いです。
そんな中、嬉しい事にタイミング良く、先日発売の今月号の人気ストリートファッション誌『MST』が当店を掲載してくれてます(いつもありがとうございます)。





mst2

今回は『全国人気ショップ22』のところでの掲載でした。
当店ともゆかりの深い人気ブランド「SOAR」の原宿に移転リニューアルオープンしたヘッドショップ『RENDEZVOUS』(旧SEMBLANCE)から始まり、全国紙なので北海道から九州までの錚々たる人気ショップが沢山出てました。






mst3

うちはこんな感じ。
他にも僕は違うページにもちょろっと出てます。
ストリートスナップには、うちのお店によく来てくれてるお洒落なお客さんもチラホラ出てました。
季節の変わり目なんで、着こなしの参考にもおすすめです。
よかったら見てくださいね!


lay_z_boy at 18:13|この記事のURLComments(0)

2008年04月05日

SAMURAI

sam1

4月に入り暖かい日が続き、いよいよ気温も気分も春本番という感じです。
最近出ているファッション誌も春物特集が沢山組まれていておもしろいです。
その中でも、今日発売の「SAMURAI MAGAZINE」は、いつも以上の分厚さで、各ブランドの新作がかなり出ていて見ごたえありました。





sam2

うちの店で取り扱っているブランドも色々な企画で沢山出てました。
個人的には『LAFAYETTE』も出てた「BRAND ACTIVE」のコーナーが、かなり色んなブランドの新作が特集で出てておもしろかったです。





sam3

何気にチラッとうちの店の5周年記念アイテムも出てます(編集部の皆さんありがとうございます)。
やっぱり色んなブランドの春物見てたら、新しい服欲しくなってきますね。
皆さんもチェックしてうちのお店に春の新作見に来てくださいね!



lay_z_boy at 20:55|この記事のURLComments(0)

2008年01月17日

WORK STYLE

v

今日も京都は雪がチラホラ降り、いよいよ真冬の寒さになってきました。
最近急に寒くなり、暖冬やなんや言うても、今からが本当に一番寒い時期になると思います。
そんな中、今の時期からの春に向けて当店のおススメなのが、『WORK STYLE』です。
そもそも「ワークスタイル」自体は、ワーカーの仕事着を使った着こなしで、ダック地を使ったアイテムが頭に浮かぶと思いますが、今回はそんなアイテムを取り入れたスタイルをご紹介したいと思います。





v1

まずは、ワークスタイルの王道のダックパーカーを使ったコーディネイトです。
綿素材と裏地の高級感のある色のキルティングの贅沢な組み合わせの「XLARGE」のダックパーカーを中心に、WASH加工が施された「XLARGE」のネルシャツと「XLARGE」のハーフスリーブのサーマルをインナーに、「LAFAYETTE」のONE WASHデニムとカーハートのニットキャップを合わせた『アメカジ』ワークスタイルです。
あまり大きくなりすぎないよう、気持ちジャスト目な感じであわせるのも『アメカジ』な感じで良いと思います。





v2

「XLARGE」のダックジャケットを中心にした着こなしです。
このダック素材は通常の綿より繊維が太く、より短いためふくらみが高くナチュラルなムラ感が出るのが特徴で、着た際に、チラッと見える洒落たキルティングの裏地もおススメですのです。
インナーには「PROPS STORE」のTシャツと「ラルフローレン」のフルジップパーカー
を合わし、「LAFAYETTE」のカモキャップとペインターパンツを合わせた『ストリート』ワークスタイルです。
ややルーズ目に着たことで、本来のワークな感じがより出て、カモ柄を取り入れたことでミリタリーテイストも加わり遊びがあって良いと思います。





v3

最後は、同素材のペインターパンツとのセットアップのコーディネイトです(上下共にXLARGE)。
CAPは「THE HUNDREDS」で、インナーのTシャツは「FUCT」という全てL.Aのブランドで固めた『西海岸』ワークスタイルです。
履き心地を重視し、ゴツゴツしすぎないコットンダック素材を用いたペインターパンツは、普通 のハンプやキャンパス地とはまったく違う、アンティークな素材感や雰囲気をつくり出し、履くほどにその人の体の一部となるようななじみ具合になる風合いが漢(オトコ)らしい感じで良いです。


今回はこんな感じで、おススメの「lay-z-boy」スタイルの紹介でした。
厚手のジャケットが手放せない時期になり、ゴツいジャケット一枚で合わせるのもいいですが、上手く重ね着であわせるのもありだと思うので、よかったら新しい着こなしにもトライしてみてください!

lay_z_boy at 20:54|この記事のURLComments(0)