ジャケット

2011年11月30日

FUCT MILITARY ITEM VOL.2 (A2 DECK JACKET)

FUCT

前回に引き続き、『FUCT』のミリタリージャケットのご紹介です。
これは、去年リリースされ即完売してた人気のモデルに更に改良を加え進化したアイテムで、入荷前からお問い合わせの大変多かったA2 DECK JACKETです。
このA-2ジャケットというのは、N-1の後継モデルにあたり、60年代以降アメリカのネイビー(海軍)で採用されている甲板用のジャケットで、シンプルで武骨なデザインは、往年のバイカーなどにも好まれたモデルです。
このジャケットは、デザイナーのエリックのフィルターを通して現代風にアップデートして作られてます。
ヴィンテージのバックサテン生地を使用しているので、抜群の風合いに仕上がっており、細かなディティールは、機能性やデザイン性にも拘って作られていて、漢(オトコ)の一着になってます。
それでは、細かく説明していきますね。





FUCT

左の胸には、かなり擦れた感じのステンシルで「SSDD」の文字が入り、ポケットには真鍮で作られた『FUCT』のオリジナルのドットボタンが付いてます。
ミリタリーテイスト溢れるオリーブで作られたジャケットですが、ポケットの横に付いた『FUCT』の赤のピスネームがワンポイントになってて、さりげなくお洒落です。





FUCT

反対の胸には、ワッペンが付いてた跡みたいな加工が施されてます。
ワッペンが付いてるってのはよくあるけど、あえて着込こみまくって取れたみたいな「USED調」の風合いにしてるところが、デザイナーのエリックらしい拘りが見えてイカしてますね。





FUCT

フロントのボタンも『FUCT』のオリジナルボタンが付いていて、比翼仕様になっており、ジップとボタンで風の進入を防ぐようになってます。




FUCT

裾にはアジャスターが付いていて、微妙な調節も可能です。
インナーのアイテムや、ボトムのシルエットの太さに合わせて、着れるのもお勧めのポイントです。





FUCT

バックにはデザイナー「Erik」による手描きのグラフィックをマジックマーカープリントによって表現されてます。
WASH加工が施されているので、あえてプリントが沈んだ感じなっているのも◎





FUCT

そして、なんと言っても冬物のアウターの一番はやはり防寒性です。
元々極寒の海の上、船の甲板(デッキ)で作業をする人たちの為に作られたジャケットなだけあって、身ごろのライナーには、アクリルボア生地を張っており防寒性に非常に優れており、袖口まで全てボア仕様ですので、インナーは薄手でもいけるように作られてます。





FUCT

着たらこんな感じです(M-SIZEです)。
また、袖口にも内側にリブが付いているので、風の浸入も防いでくれ、インナーは薄着でもかなり暖かく着れるように作られてます。
バイクや自転車に乗る人なら、勿論フロントを閉めて着たら良いですし、タウンユースなら、こんな感じで軽く羽織って着るだけでもかなり暖かいです。
去年買い逃した方も、今年狙って方も、残り少なくなってきてますので、是非どうぞ!

lay_z_boy at 23:56|この記事のURLComments(0)

2011年11月29日

FUCT MILITARY ITEM VOL.1 (CPO & PEA COAT)

FUCT

11月も終わりに近づき、寒さも増してきてますが、このくらいの時期から活躍するアイテムと言えばWOOLが入った暖かいアイテムでしょう。
それでは、今からの季節にお勧めの『FUCT』のHOTなアイテム達をご紹介したいと思います。
まずは、このCPOシャツです。
CPOとはアメリカ海軍下士官(Chief Petty Officer)の略で、第二次世界大戦中に彼らが艦上で着ていた作業服をルーツとしたアウターシャツを基にしてできたのが、このCPOシャツです。





FUCT

チンストラップと碇のデザインが入ったオリジナルカスタムボタンが、ヴィンテージテイストを出した「西海岸アメカジスタイル」にピッタリな大人の一枚に仕上がってます。





FUCT

基本的にシンプルな作りですが、左袖のライトニングボルトの刺繍がアクセントとして良い感じ入ってます。





FUCT

着たらこんな感じです(OLIVEのL-SIZEです)。
本来、CPOシャツはタックインして着たようですが、街着としては昔から裾出しして着るのが一般的で、アウター的なシャツとして使えます。
勿論、ジャケットのインナーに使っても暖かくてお勧めですが、中にパーカーなんかを着て、こんな感じでシャツジャケットとしても着れるので、シンプルで着まわしも抜群でとってもお勧めアイテムです。





FUCT

そして、WOOLで外せない冬の大定番アイテムと言えば、やはりこのPコートでしょう。
このPコートは、もともとイギリス海軍の軍服だったというルーツがあるので、基本的にボタンに錨マークが入っているのが多く、その名残といえるでしょう。





FUCT

こちらも碇のマークが入った『FUCT』のオリジナルボタンが使われています。
Pコートはダブル前(ダブルブレスト)のコートですが、左右どちらを前にしてもボタンを留めることができるのが大きな特徴です。
それは、そもそも艦橋や甲板などの厳しい気象条件で使用する物だった為、どこから風が吹いても風がコートの中に入り込まないための配慮で、風向により左右どちらでも上前を変えることが可能となっています。
また、片方のボタンが破損してももう片方で止められるという冗長性確保の意味もあります。





FUCT

そして、この『FUCT』のPコートは、表地には保温性に優れた厚手のメルトン素材を使用し、裏地にはバンダナ柄の生地を使っているのが、他とは一線を画すところでしょう。
内側がチラッと見えた時のカッコ良さは、本当にイケてますよ。





FUCT

着たらこんな感じです(M-SIZE)。
Pコートは、風の進入を防いで保温性を高める為に、基本的にやや長めの丈ですが、この『FUCT』のPコートは、タウンユースを主として作られているので、動きやすさとファッション性を考量して、やや短めの絶妙な丈にモディファイして作られてます。
また、着た時のシルエットもシュッとしてて抜群です。
先ほどのCPOシャツもこのPコートも既にサイズ掛けしてきてますので、狙ってた方はお早めにどうぞ!

lay_z_boy at 23:54|この記事のURLComments(0)

2011年11月23日

Lafayette VARSITY JACKET

lafayette

先週の週末に入荷したアイテムで、前回のブログでもご紹介した『LAFAYETTE』×『KKOK』のコラボレーションアイテムも大人気ですが、一緒に入荷したアイテムで、『LAFAYETTE』ファンお待ちかねの今季最重要アイテムと言えば、やはり毎年冬の一番人気のこの『LAFAYETTE』の袖革スタジャンでしょう。
それでは、詳しくご紹介させていただきます。





lafayette

重量感のある肉厚なメルトンウールのボディに対して、着込むほどに柔らかくなり体に馴染んでいく上質のCOWHIDE(本革100%)で袖を切り返し、同色で『LAFAYETTE』のワッペンが付きます。





lafayette

ポケット部分で、両玉縁で上質の革を使用してます。
また、ポケットの横には、同色で刺繍が入ってますが、パッと見ただけなら見落としまうくらいの感じで、そのさりげなさがとてもイケてます。





lafayette

内側は中綿のキルティングを施し、高級感ある生地を使用しているので、やや光沢がある渋いキルティング仕様となってます。
暖かさは勿論の事、チラッと見える内側も良い感じですね。





lafayette

背中面には、メルトン生地と同色で刺繍が大きく施されてます。
アメカジ的な要素が強いアイテムですが、どこかストリートを感じさせる風合いが『Lafayette』の提案する「都市型ストリートウェア」を代表する雰囲気になってます。





lafayette

着たらこんな感じです。
クラシックなイメージを持たれがちなアイテムですが、今季はワッペン等のグラフィックを排除し、止水ファスナーをフロントに付ける事でスタイルを選ばずに着用できる”街着”に仕上がってます。
シンプルでスタイル問わず合わせやすく、長い間着続けられるお勧めの一枚です。





lafayette

ブラックアウトで仕上げられたデザインが本当に渋いです。
また、今季の『LAFAYETTE』のスタジャンは、今までリリースされた物よりも丈が短く作られており、かなり着やすくなってます。
お値段は59,640円(税込)で、それに見合った価値ある逸品で、既に店頭でも大人気です。
残り僅かとなってますので、狙ってた方はお早めにどうぞ!

lay_z_boy at 12:11|この記事のURLComments(0)

2011年11月19日

CAMOUFLAGE

lf

日に日に寒さも増し、秋の深まりを感じる今日この頃ですが、お店にもジャケットを買いに来られる方がとても多くなってきました。
秋冬のストリートの定番といえば、「ミリタリー」というキーワードが切り離せないと思いますが、「ミリタリー」と言えば、誰でもまず最初に頭に浮かぶのが「カモフラージュ」だと思います。
この「カモフラージュ」とはフランス語で、第一次世界大戦から使われ始めた軍事用語で、周囲の風景に溶け込むことにより、敵の視を欺き、対象を発見されないようにする方法の事です。
この「カモフラージュ」として代表的な物と言えば、やはり「迷彩」ですが、今回は最近入荷してきた『LAFAYETTE』の「迷彩柄」をデザインに落とし込んだアイテムをご紹介したいと思います。





lafayette

まずは、この『LAFAYETTE』×『MASTERPIECE』のフルジップパーカーです。
既に様々な雑誌媒体でも取り上げられているので、ご存知の方も多いと思いますが、今季の『LAFAYETTE』のコラボアイテムの中でも注目の逸品です。





lafayette

フード裏には、ストレッチ素材のCAMO生地を張り合わせてありチラッと後ろから見えた時もお洒落です。





lafayette

ジップ部分には、『Lafayette』オリジナルCAMOの止水ファスナーを採用した拘りの仕様です。





lafayette

そして、袖口にはコラボレートの証である『MASTERPIECE』のワッペンが付きます。





lafayette

着たらこんな感じです。
『MASTERPIECE』から毎シーズンリリースされ、もはや代名詞となっている「ゴマ塩」のジップフーディーは、他では真似できないヘビーウェイトな裏起毛スウェットで、使い勝手の良いダブルジップ仕様ですので、今くらいの時期はアウターとして、寒い時期はインナーとしても使いやすく作られています。
基本的に、シンプルで飽きの来ないデザインで、頑丈かつ数年着用しても毛玉にならないボディーを使用したこのパーカーは、長い間着続けていただけるアイテムに仕上がってます。





lafayette

続いては、このF-2 TECH JACKETです。
これは、ミリタリーの王道とも言えるフランス軍が外人部隊のF-2ジャケットをベースとし、両胸に入るファスナー等、人気の高いスペック・シルエットを現代的にアップデートした一着です。





lafayette

胸のポケットには止水ファスナーを採用し、よくあるベタな軍物のジャケットとは一味違う仕様です。





lafayette

前はジップではなくボタンで、内側には裏地も付いており、ヘビーキャンバスの生地にバイオストーンウォッシュで絶妙の生地感を演出してますので、一見ペラく見えますが、見た感じ以上にシッカリとした作りに仕上がってます。





lafayette

脇には通気性も考慮した鳩目が付います。
あと、特質すべきは迷彩で、カモの間に『Lafayette』の文字が入ったオリジナルCAMOを使用してます。
一見ただのウッドランドのカモに見えますが、実はそうじゃないっていう、この辺りの拘りが『LAFAYETTE』らしくてイカしてます。





lf1

着たらこんな感じです。
インナーには、さっきご紹介した『LAFAYETTE』×『MASTERPIECE』のフルジップパーカーを着てます。
着方次第で、「いなたく」も「キレイ目」にも対応できるテーラード型のジャケットなんで、お好みで合わせられます。
個人的に、このジャケットは、迷彩柄ですがコテコテ感があまりないので、上品に合わせられて好きですね。





lafayette

で、最後にご紹介するのが、このカモ柄のマウンテンパーカーです。
これは、ミリタリーベースにアウトドアスペックを盛り込んだ『LAFAYETTE』のWATER PROOFナイロンジャケットです。





lafayette

フード部分には、リフレクターテープが付いていて、迷彩の中にアクセントとしても良い感じです。





lafayette

全てのジップ部分に止水ジップを採用してます。
このジャケットに限らず、今季の『LAFAYETTE』のジャケットには沢山止水ジップを採用しており、機能性は勿論ですが、物作りの観点から見ても、洗練されたデザイン感覚に、とてもセンスを感じます。





lafayette

そして、マンパーと言えば、この脇部分のベンチレーションです。
体温調節もしっかり出来るようになっており、タウンユースは勿論の事、本格派の方にもお勧め出来ます。





lafayette

勿論、裾にはドローコードが付いているので、ボトムの太さに合わせてアジャスト可能となってます。





lf2

着たらこんな感じです。
こちらもインナーには、さっきご紹介した『LAFAYETTE』×『MASTERPIECE』のフルジップパーカーを着てます。
今季一押しの「LafayetteオリジナルCAMO」は、フランス軍の迷彩をベースにデザインされており、ウッドランドのようなデザインながらデザートカモのような色合いで、アメリカ軍の迷彩に比べ色面が大きめなのが特徴で、迷彩柄の中には随所にLafayetteと記されています。
このジャケットも機能性に非常に優れており、今の季節から春先まで3シーズン対応の長く着れるアイテムでお勧めです。
「カモ柄アイテムって、派手過ぎるんじゃないかな?」って方もおられるかもしれませんが、全身とかはちょっと本物過ぎてキツいけど、コーディネイトに一つ取り入れるとかだったら、とってもお洒落なんで、お持ちで無い方は着こなしの幅を拡げる為にも、この秋冬は是非チャレンジしてもらいたいですね。

lay_z_boy at 21:26|この記事のURLComments(0)

2011年11月15日

『XLARGE』×『KANATA』 HAND KNIT COWICHAN SWEATER

1-(1)

11月も中旬になり、天気の良い昼間はともかくとして、朝晩は急に寒くなってきました。
お店にも、ちょうどお勧めのアウターが色々と入荷してきてるので、ご紹介していきたいと思います。

今回ご紹介するのは、『XLARGE』×『KANATA』コラボレートカウチンセーターです。
これは『XLARGE』が、カナダの名門ファクトリー『KANATA』に別注したカウチンニットで、各色50枚の世界100枚限定で作られたエクスクルーシブなプレミアムアイテムです。
個人的な話をすると、僕自身『KANATA』のカウチンセーターは2枚(イーグルモチーフとトナカイモチーフ)持っていて、「カウチン=KANATA」というくらいアメカジの代名詞的ブランドで、今回のこのアイテムはかなりのツボです(昔アメ村のナイロンで買ったのが懐かしい)。
このカウチンセーターとは、全て手紡ぎの糸で手編みで、太い毛糸でざっくりと編み込まれた温かみのあるルックスが特徴的で、その高い防寒性から、真冬時におけるヘビーアウターとして広く認知されており、狩猟文化を反映した自然に関する文様(特に動物が多い)と幾何学的なデザインを組み合わせたものが編み込まれており、狩猟の際の作業着として用いられたため、厚地で丈夫に作られており、撥水性と防寒性も非常に高いです。
また、昔からカウチンセーター自体は、「親から子へ、子から孫へ」と受け継がれるほど長持ちして、着続けられると言われるほど丈夫で、100年は着られる耐久性を兼ね備えており、厳しい自然環境を生き抜いてきた彼らの智恵が詰まったセーターいえるでしょう。





XLARGE

勿論、今回のコラボレートアイテムにも随所に『XLARGE』ならではのエッセンスが注入されており、左腕には『XLARGE』の創業年の"91"が入り、





XLARGE

右腕には、『XLARGE』ブランドが誕生した地である"LA"の文字が入ってます。





DSC04162

これがコラボの証である『KANATA』のタグです。
『KANATA』は、1979年にカナダのバンクーバーで創業したたニットウェアブランドの会社で、メリノウールを用いたカウチンセーターをはじめ、熟練した職人達の手によるハンドメイドにこだわった製品つくりを行なっている会社です。
また、CANADAの由来でもある先住民族であるネイティブカナディアンのサリッシュ族の言語"KANATA=村(集落)"という意味で、先住民族の伝統的な作り方を現代においても継承している稀少なメーカーです。





XLARGE

着てみたらこんな感じです。
インナーには、こんな感じでシンプルなワークシャツを合わせても良いですし、真冬はネルシャツなんかを組み合わせて、王道のアメカジ風な着こなしも良い感じだと思います。
本来カウチンセーターは極寒の地で保温性を高める為に、6本の糸を撚り合わせて作るのでとてもズッシリと重いですが、今回のモデルではタウンユースを主として糸を3本に減らすことで保温性は保ちながら、見た目以上に軽量化させ、ライトな着心地を実現さす事を成功させており、とても着やすくなってます。
また、防寒性を高めるショールカラーや幾何学的なパターンやダブルジップ仕様など、カウチンセーター特有のディテールを踏まえながらも、リアルクローズという観点からアップデートが施されているのも注目のポイントです。





XLARGE

中にパーカーを着たらこんな感じです。
元々、保温性の高いアイテムですが、中に起毛のパーカーを着る事で、超防寒仕様になってます。
これなら、かなり寒い日でも問題なく過ごせます。
インナーはシンプルなアイテムを組み合わせても、外が幾何学的なパターンにゴリラのフェイスを落とし込んだフロントデザインになっているので、派手に目立ちすぎる事無く、尚且つ『さりげなくお洒落』に着れるアイテムに仕上がっております。
ボトムは、デニムでもチノパンでもカーゴでも合う万能なアウターですので、アメカジスタイルにもストリートにも合い、ヘビロテでガンガン着てもらえます。
お値段は、44,940円(税込み)と少々張りますが、『一生モノ』となるこのアイテムは、言わずもがな『XLARGE』の今季最重要アウターとなってます。





XLARGE

このアイテムに関しては、各色50枚で世界100枚限定のアイテムですが、『XLARGE』の日本総代理店と話し合って沢山まわしてもらい、当店にはその全世界の10分の1の在庫がストックしておりますので、狙っていた方は是非ゲットしてくださいね!

lay_z_boy at 23:55|この記事のURLComments(0)