2010年10月07日

LZB SHIRT (DENIM & CHAMBRAY)

no title

朝晩は少しずつ涼しくなり、薄手のジャケットを羽織る人も増えてきてますが、まだまだ昼間は少し動くと汗ばむ位の暖かい日が続いているので、やはり今の時期はシャツくらいが丁度いい感じです。
うちのお店は、インポートのブランドをメインで取り扱っているのもあるせいか、昔から秋はロンTよりシャツがよく売れますが、今年はここ最近の中でもシャツを着る人が特に増えていて、お店でもブランド問わずシャツが一番人気のアイテムです。
で、最近入荷してきたシャツの中でも特にお勧めのシャツで、うちの店のオリジナルブランド『LZB』のシャツが2型ありますので、紹介させてください。

まずは、このS&G DENIM SHIRTです。
『LZB』からは初リリースとなる着まわし抜群のデニムシャツで、チノパンやデニムパンツなど、ボトムを選ばずに着ていただく為に、あえてシンプルに長い間着ても飽きの来ない普遍的なイメージでデザインしてます。





denim

この濃いインディゴの色のタイプには、「ラグジュアリーゴールド」で、





denim

WASH加工タイプの薄めの色は「プレミアムシルバー」で、胸に『LZB』のワンポイント刺繍が施されています。





denim

どちらも左の裾に『LZB』のオリジナルワッペンが付きます。





DSC07093

WASH加工バージョンを着たらこんな感じです(WASH BLUE)。
上質のデニム生地を使用し、抜群のシルエットと風合いを出す為に、縫製と加工は『MADE IN JAPAN』で、自信を持った仕上がりとなっております。
しかも、それでいてお値段はお求め安い8500円(税込み8925円)ですよ。




DSC07113

濃い方を着たらこんな感じです(DARK INDIGO)。
ボタンを閉めて着ても良いですが、このシャツはわりとしっかり目のデニム生地を使用して作ってるので、ちょっと派手なTシャツの上からサラッと羽織って「ジャケット感覚」で着ていただいてもバッチリ決まります。
どちらかと言うと、僕はボタン閉めない派かな。
チノパンやカーゴパンツとの相性も抜群ですが、個人的にこの秋は、あえてデニムパンツと合わせて『DENIM ON DENIM』のスタイルで決めて欲しいですね。





ss

で、お勧めのもう1型のシャツが、この’TDIC’ CHAMBRAY SHIRTです。
アメカジの定番アイテムですが、特に今期大注目のアイテムで、当店取り扱いのブランドからもこぞってリリースされています。
僕自身、デニムシャツ同様、シャツの中でも特に好きなアイテムです。





ss

お勧めのポイントは沢山ありますが、特に伝えたい部分の一つが、この胸に付く『THE DIE IS CAST(賽は投げられた)』の文字が入った今回のシャツの為に製作したオリジナルデザインのワッペンです。
ワッペンやプリントが付くアイテムには、様々なメッセージ込められているものが多いですが、この胸に刻まれしワッペンには、「先の見えない閉塞感の強い混沌とした世の中に『不退転』の決意で立ち向かっていく」という意味合いが込められた、気概のある漢(オトコ)へのメッセージを込めて作りました。





ss

ポケットに『LZB』のロゴ刺繍がパッションレッドで施され、





ss

裾には、LZBのオリジナルワッペンが付きます。





ss

また、ヴィンテージのシャンブレーシャツの要素を多分に取り入れ、首元はもちろんチンストラップ仕様、他にも裾はマチ付きで、ボタンはネコ目ボタンを使用し、各主要部分は3本針を用いたトリプルステッチ仕様のワークテイストがビンビンで、アメカジ感満点の仕上がりとなってます。
こちらも、岡山・児島で作られた拘りの『MADE IN JAPAN』で、お値段も9500円(税込み9975円)と大変お求め安い価格設定となっております。





DSC07148

着たらこんな感じです。
ボタンを閉めて着ると、プルオーバー風にも見えるようにしています。
今の時期はTシャツの上から、冬場はジャケットのインナーにと春先まで大活躍間違いなしのアイテムです。
手前味噌ですが、どちらも本当にお勧めのアイテムですので、『カッコいい』シャツを探していた方は、是非袖を通してみてください。


あと、この前リリースした『LZB』のオリジナルデニムであるLZB OLD NEW DENIM PANTSも、お陰様で2ヶ月足らずで全て完売いたしました。
内側に使用したヴィンテージ生地の都合上、2型合わせて30数本の少量で作った限定生産のアイテムで、値段以上の満足感は味わって頂けるように拘りまくって作ったアイテムでしたが、18000円(税込み18900円)と決して安い値段ではないパンツでした。
ところが、ご購入いただいた沢山の方々には、本当に気に入っていただき、作った僕自身は本当に感無量です。
特定のブランドのみを買われるのではなく、『lay-z-boy』のセレクトが好きで、そこを気に入って頂いている昔からの顧客のお客様が買われるパターンも多く、一番最初に買ってくれた山口君から、最後の一本を買ってくれた前田君まで、本当に嬉しかったです。
また、今回は『STUSSY』の京都チャプトのスタッフ小笠原君をはじめ、服を知っている同業者の方々が多くご購入いただいた事も、今後の『LZB』の展開の自信にも繋がり、嬉しかったです。
通販でご購入された方も沢山おられますし、全員をご紹介出来ないのは残念ですが、お店で買われた一部の方に写真を撮らせていただいたので、少ないですがご紹介しますね。





LC

LZ

LC

LZ

LZ

LC

LZ

LZ

LZ

ご購入いただいた皆さん、本当にありがとうございました!
また、これからも『LZB』を宜しくお願いしますね!!

lay_z_boy at 22:06│Comments(0)LZB | CLOTHING

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔