2010年10月17日

プロフェッショナル 仕事の流儀

DT

テレビはお笑い番組をちょこっと見る以外は、基本的にそんな見ないんですが、数少ない欠かさず見ている番組があります。
一つが、『日経スペシャル ガイアの夜明け』で、もう一つが『プロフェッショナル 仕事の流儀』です。
どちらも、同じような感じのノリで、一つのテーマに基づいてドキュメンタリータッチに撮られています。
『プロフェッショナル 仕事の流儀』は、今年の春で一旦終わったのですが、また昨日から復活するという事で、本当に嬉しいです。
昨日は、僕の大好きなダウンタウンの松ちゃんにクローズアップした物でした。
中学の頃からテレビで『4時ですよーだ』や『ごっつええ感じ』を見て、ラジオで『ヤンタン』を聴いていた世代の僕としては見逃せない番組でした。
大まかには、毎回内容が近いところもありますが、色々な仕事で『プロフェッショナル』と言われる人たちの意見や行動は、ジャンルを超えて参考になる部分があります。
「隣の芝生は青い」と言いますが、服屋さんも含めて「浮き沈みの激しい業界」で続けられてる人や、さらには第一線を走り続けている人というのは、単純に『運がいい』とかだけではなく、他の人には見えない陰の『努力』と『工夫』をしているんだなと改めて思います(努力に勝る天才はなし)。
47歳でお笑い界を牽引する松ちゃんは、本当に尊敬します。
歳だけではないけど、色々な意味で僕もあんな『本物』のカッコいいおっさんになりたいです。

あと、今回のテレビに『働くおっさん劇場』に出てた野見さんが出てて、物凄く嬉しかったですが、なんか次は映画に出るみたいなんで楽しみです。





DSC08287

話は飛びますが、この前、僕誕生日だって、色々な人からメールやお祝いしてもらいました。
もう誕生日で喜ぶ歳でもないかもしれないですが、本当に全部嬉しかったです。
これは、うちのお店の常連のお客さんの田中君が、横浜からわざわざ送ってきてくれたお祝いです(ありがとよ)。
皆さん、本当にありがとうございました!

lay_z_boy at 21:25│Comments(0)COLUMN 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔